ブログ日本語と英語をつなぐのすずきひろしです。

 

「おとなのための英語塾」は、大人を対象に、オーダーメイドの個人レッスンを提供する英語教室です。初心者の方向けから娯楽のための英読書や英文手紙、ビジネスプレゼンテーションまで、幅広い範囲で「英語を好きになる」お手伝いができます。ネイティブの先生に質問できないことなど、お気軽にお尋ねください。お仲間との少人数でのレッスンも可能です。

 

小田急線相模大野駅から相模女子大方面へ徒歩4分。 スカイプも対応可能です。無料のカウンセリングも致します。「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

☆塾のサービス詳細については「塾サービス」のタブをご覧ください。


New 拙著「イメージでつかむ 似ている英語使い分けBOOK」の電子版が発売になりました。紙の書籍版よりは少しお得です。Kindle版 1,620円。(7月2日)

 

 Amazon レビューより:

  • 単なる例文の羅列ではなく、自分で文章を考えるのをサポートしてくれる、そういう本です。
  • 英語のちょっとした表現の使い分けを説明する類書は多いですが、この本が一番お勧めです。
  • わかりやすく、何度も読むことで身につくのかな。しかし、分厚い本なので気合い必要。


New 「イメージでつかむ 似ている英語使い分けBOOK」発売して3週間、さっそく増刷が決まりました(5月15日)

 

「イメージでつかむ 似ている英語使い分けBOOK」(清水建二・すずきひろし 共著)べレ出版 1,944円(税込み)
Amazon楽天hontoなどで販売中。書店にも並んでいます(確認した店舗;相模大野=くまざわ書店・ブック1st、本厚木=有隣堂、JR相模原=くまざわ書店、町田=久美堂)。Amazonで「なか見検索」できます。

商品説明:
水は数えられないと習いましたが、数えられるもの数えられないものの違いは何? theがつく、つかないはどこで判断できる? ingとto不定詞の使い分けは? itはthisやthatとは性質が違う? 「~がある」はThere is/areそれともhave? など、さあどっち?どうやって使い分ける?となると迷う表現、語法をイメージイラストと一緒にやさしく詳しく解説していきます。『イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK』でタッグを組んだ2人の著者の第2弾!



New 4月1日「英語耳」や「単語耳」の松澤喜好先生と「Gogengo!」の角掛拓未さんとすずきひろしの三人で「語源の広場」というサイトを始めました。単語の学習に是非お役立てください。 


3月4日 墨田区に出かけ、24名の学習者の方々とのセミナー・ワークショップをしてきました。基本動詞と前置詞のイメージを知って、成句の意味を考えてイメージするワークショップを行いました。 


大阪女学院大学 国際・英語学部のホームページに「イメージと語源でよくわかる・・・」が紹介されています。リンク

相模大野、本厚木、JR相模原の border=で講座を持つことになりました。初歩からビジネスまで種々あります。詳細は「カルチャー講座」のページをご覧ください。


「イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK」(清水建二・すずきひろし 共著)ベレ出版 1,944円(税込み) 

Amazon イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK

楽天イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK

類義語をイラストと語源を使って分かりやすく説明した本です。学習書として事典としてそして読みものとしても楽しめる本です。


2016年12月10日「イメージと・・・似ている英単語使い分けBOOK」の索引を作りました。「私の著書」のページからダウンロードできます。 

2016年10月19日「教材」というタブを作って、役に立つ動画などを貼りました。「リンク」のタブの中にも役立つサイトのリンクを入れてあります。 

2016年10月1日 墨田区に出かけ、英語サークルなどの20名の学習者の方々を前にお話をさせていただきました。テーマはイメージを活用した英語学習。熱心で真剣な鋭い視線に最初は圧倒されそうになりましたが、最後は暖かい拍手と笑顔をいただきました。関係の方、参加された方々、どうもありがとうございました。 

画像

2016年9月14日 「紀元ウーマン」の記事でこの本のことが「お薦め教材」として紹介されました。

流暢な英語を話したい!と思ったら

ミツイ直子さんがイメージをうまくつかったことばの運用の話を書かれています。 


2016年8月26日 江東区のローカルFM局でこの本のことが約30分間紹介されました。(レインボータウンFM「ナイスクサテライト」)  

画像   ラジオ局の番組紹介記事はこちら

 

2016年8月26日 発売して約1ヶ月。1回目の増刷は出版社に納入されたもののどんどん出荷され、すでに品薄状態だそうです。これを受けて2回目の増刷が決まりました。累計7,500冊。Amazonのページでは「なか見検索」が可能になりました。