長年の悩みを解決します。

いまさらきけないと諦めずにきいてみましょう。

道に迷ったときは、わかるところまで戻ります。英語も同じ。何も見えずに歩き続けても、さらに迷っていくだけです。

いったん戻って、順番に積み重ねれば、必ず前へ進むことができます。英語は面白いものです。知らなかったことを知ることができます。それを繰り返せば、どんどん見えてくるようになります。遅すぎることはありません。諦めてしまうことのほうがもったいない。そのお手伝いができます。

おとなになってからの第二言語習得に必要なものは「明示化」です。学校の説明が不十分だったり、それがご自分には合わなかったのかも知れません。おとなだからこそできるちょっとした近道を見つけます。絵や図を使って説明します。

 

市販の教材は「この程度ならわかっているだろう」を前提としています。実際はそうでない方が大勢います。ですから市販の教材は利用しますがそのままなぞるわけではありません。それ以前のところからきちんとスタートします。

 

外国に行って話したり、海外からの方とお話したり。それは想像するほどは難しいことではありません。積み重ねればできます。あきらめて、目をそらしていた小さな夢を、実現することがきっとできます。「その木」には「その気」があれば、きっと甘い実がなります。

 

 例えば、旅行で行きたいところのガイドブックを見ながら、その場に行ったつもりで想定した会話を練習するのはどうでしょう。欲しいもののカタログを見ながら、英語で買い物をしているつもりで練習してみるのはどうでしょう。