新しい学習指導要領では、高校まで出扱う単語の数が約3,000→5,000に増やされることになりました。でも、目標値を上げれば自動的に実力があがるものではありません。

しかも実際の語彙数は大学生でも2,000程度で、それも単語カードを使って無理やりおぼえた「なんとなく知っている」レベルであって、「使いこなせる」レベルの語彙数はもっとずっと少ないです。

単語をそのコンポーネント(接頭辞・語根・接尾辞)に分解して、その語源とイラストを使っておぼえれば、使える語彙数は飛躍的に伸びます。そのお手伝いができます。


すずきひろし著

 約2200語の英単語の語源構成を約900カットのイラストで説明している「見る語源辞典」です。

英単語を、単語の要素(接頭辞、語根、接尾辞)に分解して、それを抽象的で親しみやすいイラストによって説明しています。これをを眺めていくと、英単語のアルファベットの連なりが、意味のある「ことば」に見えてきます。まるで漢字を「へんとつくり」で理解するように英単語が理解できます。

でじたる書房で4年間ロングセラー上位を続けた「ぴくとりある」の「語源編」のDLmarket版です。

 

pdf書籍 864円(税込み)

表紙の画像をクリックするとDLMarketの販売ページに飛びます。