TOEIC・英検など、資格の学習のお手伝いをします。

 

ただし、目先を見て、単に点数だけを上げるようなことは目指しません。

 

TOEIC得点と実力の相関のデータから見えてくるのが、TOEIC点数の高さの割に実力の低い人の存在。「TOEIC名人」それは、高得点指南と偏った学習の結果かも知れません。

 

例えばスポーツのように高得点を目指すのは良いと思います。勉強の成果としての指標とするのもいいと思います。 でも実際に英語を使うのであれば、ただの「名人」になることは、正しいことではないと思います。

 

たとえ、実力以上の点数をとったとしても、あとで苦しむのは自分です。点数に応じた期待に応えることができません。

 

問題集をいくら解いても、実力がつくわけではありません。「テクニック」によって上達するのは、英語の能力ではないのです。

 

それよりも、TOEICの出題を利用して、またはそれを指標として、本当の実力をつけていく。それが本来の姿であると思います。それは遠回りでもなんでもなく、最終的にはいちばん、近い道だと思います。

 

点数をゴールにせず、それを指標にはしながらも、理解や実際の使用をゴールにします。

 

 

就職に必要なことのお手伝いをします。

 

履歴書記載の相談や、面接の練習やアドバイスをすることができます。